いつの間にか、ハヤえもん開発者が「ハヤえもん開発王」になっていた。〜私の好きな偉人、発明王エジソンの話

タイトルで大体の説明ができました。お読みいただきどうもありがとうございました。

そうなんです。いつの間にか、ハヤえもん開発者がハヤえもん開発王になっていた。なんてこった。

りょーたさんのプロフィール固定ツイートは、昨年2月から

「世界に影響を与えるアプリ開発者に、俺はなる。」

になってます。

それを見たギタリストの健吾さんが、『ONE PIECE』の主人公ルフィの

海賊王に、俺はなる!

を想起したらしい。

そこから

開発王に、俺はなる!

と。

謎の2人ですね。やれやれ。

でもね、「開発王」という単語を見て、私が真っ先に思い出したのは「発明王エジソン」でした。

みなさん、歴史上の偉人で好きな人物を訊かれたら、誰の名前を挙げますか?

私はずっと子供の頃から「トーマス・エジソン」なんです。というより、エジソンしか知らないくらいの勢い。マハトマ・ガンジーの「非暴力・不服従」とかは割と好きですけど、社会史ってどうも苦手なんですよね。戦争の歴史とか苦手です。

その点、エジソンは夢があっていい。私が伝記を読んだのも、エジソンだけです。


エジソン―いたずらと発明の天才 (講談社 火の鳥伝記文庫)

これこれ。この本とても読みやすかったんですよ。小学校高学年向けかな?例によって今手元にないんですけど。

なんかね、エジソンは電球を作った時に、良いフィラメントがなかなか見つからなくて、探しに探して日本の竹が1番性能が良かったとかね。
電話を作った時、特許の申請がグラハム・ベルにタッチの差で負けちゃったとかね。
実はライト兄弟より先にヘリコプターの原型を作ったんだけど、モーターが爆発したのにビビって「神の怒りに触れたから飛行機はもう作らない!」ってやめちゃったりとか。

そんな事を今でも覚えているわけです。(間違って覚えてたらごめんなさい)

当時は「大航海時代」じゃなくて、「大発明時代」だったんですよね。多くの発明家たちがしのぎを削っていた。

今もしかしたら、「大開発時代」が来てるのでしょうか??

そんな事を思って、ひとりクスッとなったうめぼしでした。

トーマス・エジソンは間違いなく、現代にも生きています。世界に影響を与えるって、そういう事だなと思います。

ひょっとしたら私は今、リアルタイムで「開発王」の伝記を見ているのかもしれませんね。

でも冗談抜きで、いつも夢があって楽しいな、と思っていますよ。

ではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告