時代遅れのソフトウェア開発者は、ぼくでした。

どーも、ソフトウェア開発者のりょーたです。

諸行無常。世の中は日々、刻々と変化し続けています。

その変化に付いていけないようであれば、ソフトウェア開発者としては失格です。

そんな時代遅れのソフトウェア開発者とは、誰なのか?

それは、他ならぬぼく自身なんですね。うふふふふ。

日々の仕事に追われ、情報をキャッチする時間も取れていない。

家にはダンボールに入ったままのOculus Rift DK2が、『いつ開けてくれるんだろう……』とさみしそうにしている。

iPhone 6も「あぁ、なんかニュースで見たかも……。おっきくなったの? なんで?」という感じ。

公開中のアプリをiPhone 6に対応させる気配すらない。

これは、やべーな。

終わってるな。

干からびてる。干からびてるぞ。俺。

こういうときに、人は何かを変える必要があることを知るんでしょうな。

仕事時間を減らして、自己研鑽の時間を取れるようにしないと、ぼくのソフトウェア開発者としての人生はおしまいです。

課題は二つ。

仕事を下に任せられるような体制を作ること。

色んなことを仕組み化して、誰でも一定以上の成果が出せるようにすること。

さーて、楽をするためにがんばるぞう!

スポンサーリンク

レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

フォローする