【解説】ハヤえもんiOS版に曲を入れる方法とは?

はいどーも! ハヤえもん開発者のりょーたです٩( ᐛ )و

たまにはこういう記事も良いかなーと思い、「ハヤえもんiOS版に曲を入れる方法」をまとめておこうと思います。

ツイッターとかで何度も答えているので、ブログで記事になっていたら便利だなーという気持ちもあったり。

いずれスクリーンショットをつけたりして、充実させていきますね。

他にも解説が欲しい機能などありましたら、リクエストいただけたら嬉しいです。

ハヤえもんiOS版に曲を入れる方法

ハヤえもんはミュージックライブラリ、カメラロール、Dropbox、URL、他のアプリ(ただし、エクスポートに対応しているアプリに限る)から曲を読み込む事ができます。

ミュージックライブラリ、Dropbox、カメラロール、URLから曲を読み込むには、再生リスト画面右下の「+」ボタンをタップします。

他のアプリからエクスポートするには、他のアプリで共有ボタンをタップし、ハヤえもんを選択します。(他のアプリでの操作についてはアプリごとに異なります)

ミュージックライブラリ

iTunesストアで曲を購入すると、購入した曲をハヤえもんに読み込む事ができます。また、PCのiTunes経由で端末に曲を入れておくという方法でも、ハヤえもんに曲を読み込む事ができます。

なお、Apple MusicについてはAppleがDRM保護をかけている都合上、読み込む事ができません。ウェブで「Apple Music DRM 解除」などで検索すると、解除方法に行き当たったりしますが、違法性のある行為なのでご注意くださいね。

カメラロール

ハヤえもんにはカメラロールに保存された動画の音声を読み込む機能もあります。

Dropbox

ハヤえもんはDropboxにも対応していますので、Dropboxから曲を読み込む事もできます。

URL

URLを指定して曲を読み込む事もできます。

例えば以下の方法で、YouTubeから曲を読み込む事もできます。
(ただし、規約上YouTubeはダウンロードを禁止しているのでご注意くださいね)

他のアプリからエクスポート

他のアプリにエクスポート機能がある事が前提となりますが、例えばiOS標準のボイスメモにはエクスポート機能がありますので、ハヤえもんにエクスポートすることができます。

Documentsというアプリを使うとウェブ上でダウンロードした曲をハヤえもんにエクスポートする事もできます。

ハヤえもん - 音楽プレーヤー

ハヤえもん – 音楽プレーヤー

Ryota Yamauchi無料

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告