【無料配布】CDブックレット&ジャケット用トンボ素材(透過PNG形式)【解説付き】

どうも!ハヤえもんデザイナーのうめぼしです。

今回は、身近にオリジナル音楽CDを制作される方がいるので、CDブックレット&ジャケット用トンボ素材(透過PNG形式)を用意しました。

下記ブログを参考にさせていただきました。べ〜さん( @be0610 )ありがとうございます!

セブンイレブンのマルチコピー機を使って、A3サイズの用紙に裏表印刷をすることで、12ページのCDブックレットを印刷することができます。

※表紙と裏表紙が1ページと12ページに当たりますので、本文は2〜11の10ページ(10曲まで?)のブックレットを作成することが可能です。

ジャケットはA4サイズで作っていますのでご注意ください。

なぜセブンイレブン?というのは、自動縮小を「なし」に設定できるからです。縮小されちゃうとサイズが合わなくなってしまうので、よく確認してくださいね。

では、以下素材と最後に解説です。

ブックレット表/A3/解像度300ppi/3508px × 4961px

ブックレット裏/A3/解像度300ppi/3508px × 4961px

ブックレット(ガイド線)/A3/解像度300ppi/3508px ×4961px

ジャケット/A4/解像度300ppi/3508px × 2480px

ジャケット(ガイド線)/A4/解像度300ppi/3508px × 2480px

では、簡単に説明です。

トンボには2種類の意味があります。

1つは内側の仕上がり線

ここに定規を当ててカッターで裁断します。仕上がりの線となります。

もう1つは外側の塗り足し線

端まで印刷されたいもの(背景色など)を確実に収めるために、このラインまで引き伸ばします。

というわけで、トンボは必ずレイヤーの1番上になるようにしましょう。

↓トンボに関して詳しく知りたい方はこちら

もう1つ、ガイド線という画像を用意しました。

この画像は、裁ち切り線、塗り足し線ともうひとつ、「切れたら困るもの線」を実線で示しています。

印刷はどうしても多少のズレが生じますので、切れたら困るものは仕上がりの3mm以内に配置しましょう。

こちらは印刷時にはレイヤーを非表示にしてくださいね。

以下は仕上がりイメージです。

お役に立てれば幸いです!

ではまた👋

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告