僕は僕の事情で、僕の人生を生きている。

 僕が『iOSアプリの更新履歴に長文を投稿し続けていたら、アプリよりもその更新履歴に人気が出てきて、ついに書籍化することになりました! あれ? 本のタイトルって何文字までいけるんだろう?』を出版したのが、2017年6月。

 久しぶりにページを見たところ、★☆☆☆☆の評価が2つ付いていた。

 Amazonのレビューの一番の問題点は、「買ってもいない商品のクレームを投稿できること」だ。

 ちなみに、買ってもいない商品にクレーム投稿してるヒマがあったら、自分にとって楽しいことをした方が得だ。

 僕ならこんな事に時間を浪費したりはしない。

「更新履歴が長くてウザい」という理由でアプリを使うのをやめておいてから、わざわざその作者のAmazonのページまでやってきて、クレームを書き込むなんて、あまりにもクレイジーだ。

 僕が何を出版しようが、それは僕の自由だ。

 そう、僕の人生だ。

 僕の人生は僕の人生であって、あなたの人生じゃない。

 ぼくはこれからも、きっと彼らが理解できないことをやり続ける。

 このエントリーを見てごらん。

もしカラオケが苦手な女子高生が『ハヤえもん』を使ったら(一)

 訳分かんないでしょ?

 アプリ開発者が、一体何を書いてんだ?

 何が、ドゥナだ?

 カオスでしょ?

 それでもぼくにはとっては正解だ。

 なぜなら、ぼく自身が楽しいから。

 アプリの更新履歴に長文を書くことだって、同じだ。

 僕は僕の事情で、僕の人生を生きている。

 誰に邪魔されることもない。

 いつだって、僕は自由だ。

スポンサーリンク

レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

フォローする