もしカラオケが苦手な女子高生が『ハヤえもん』を使ったら(二)

もしカラオケが苦手な女子高生が『ハヤえもん』を使ったら(一)

  二

 ああ、良かった。

 誰もいなかったんだ。

 ドゥナが聞かれてなくて、本当に良かった。

 2回のドゥナが聞かれてなくて、良かった。

 でも、面白いよね。

 ドゥナって、よくよく考えると面白いよね。

 ツイッターでつぶやいてみようかな?

 よし、つぶやいてみよう。

『どうして、あたしには音感がないんだろう? 両親ともにミュージシャンなのに。どうした、あたしのDNA。どうした、あたしのドゥナ。ドゥナー!』と。

 よし、これで投稿。

 さーて、帰って何しよっかな。

 みんなさぞかしカラオケ楽しんでるんだろうな。

 くっそー。

 ちっくしょー。

 あたしだって、素敵な高校ライフを送りたいわい。

 なんであたしには、音感がないのー。

 買ってよー。

 誰かあたしに音感買ってよー。

 え?

 音感って売ってないの?

 ミュージックセンスストアとかいう店なかったっけ?

 7000円ぐらいだったら出すからさー。

 ミュージックセンス、ひとつ売ってよー。

 その時だった!

 家に、着いた!

もしカラオケが苦手な女子高生が『ハヤえもん』を使ったら(三)

スポンサーリンク

レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

フォローする